スキンケア

クレンジングの基礎知識 | オイルクレンジングがシミくすみの原因

オイルクレンジング
たのっち
たのっち
こんにちは。ノーファンデのたのっちです。今回のテーマは「クレンジング」です。

この記事はクレンジングの基礎知識として、クレンジングの選び方、正しいクレンジングの方法を紹介しています。

みなさんは何でメイクを落としていますか?まさかオイルクレンジングを使ってはいないですよね!?というのも、オイルクレンジングは肌を傷めるので一番よくないクレンジングなのです。

私は以前はオイルクレンジングを使っていました。オイルが一番メイクが落ちるので、肌にいいと思っていたのです。でも、それは間違った知識でした。

「正しいクレンジングのやり方を知りたい」「どうしてオイルクレンジングは肌によくないの?」と疑問に思った方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

 

クレンジングの基礎知識

コットンでマスカラを落とす女性

クレンジングが必要な理由

そもそも、どうしてクレンジングが必要なのでしょうか。洗顔だけではだめなのでしょうか。

その理由は、メイクは油性なので、通常の洗顔では落とすことができません。なので、メイクをしたら、クレンジングできちんとメイクを落とす必要があります。

 

クレンジングの成分

クレンジングは油分と界面活性剤でできています。油分は油性メイクを落とすのに必要で、界面活性剤は水と油分をなじませるのに必要です。

しかし、界面活性剤は肌を傷めやすいので、できるだけ肌に使わないほうがいいものです。クレンジングの中でも、特にオイルクレンジングに多く含まれています。

オイルクレンジングは他のクレンジングよりメイクがよく落ちると思いませんか?理由は、界面活性剤が多く使われているからです。

この界面活性剤は台所洗剤に使われています。つまり、界面活性剤=台所洗剤です。界面活性剤が含まれれば含まれるほど、私たちの肌はメイクを落としながらも傷ついているのです。
【参考】乾燥肌の原因は?オイルクレンジング(台所洗剤)は最大の敵!!

たのっち
たのっち
オイルクレンジングを使っている人は即効やめよう!

 

クレンジングの選び方

クレンジングを選ぶ女性

どんなクレンジングを選んだらいいのか

クレンジングにもミルクタイプ、オイルタイプなどいくつか種類があります。クレンジングを選ぶときは、メイクの濃さで選ぶといいでしょう。

クレンジングを刺激の弱いものを上から順に並べました。

  • ミルクタイプ
  • クリームタイプ
  • ジェルタイプ
  • オイルタイプ
  • シートタイプ

 

一番のおすすめは”クリームタイプ”です。なぜなら、クリームタイプは適度にメイクも落ち、肌への負担が少ないからです。

シートタイプや近年流行っている拭き取りタイプは、肌をこするため、肌の負担が強くおすすめできません。赤ら顔やシミ・くすみの原因になります。

たのっち
たのっち
昔はよくシートタイプでメイクを落としていたけど、これがくすみの原因だったかも・・・。

 

クレンジングの種類

1.ミルクタイプ

  • 肌への負担が少ない。
  • メイクオフの力は弱め。
  • 薄いメイクの人におすすめ。

 

2.クリームタイプ

  • クリームタイプより適度な油分を含んでいる。
  • 肌への負担とメイクオフ力を考えると、一番おすすめ。

 

3.ジェルタイプ

  • 透明のジェルは界面活性剤が多く、肌への負担が大きい。
  • クリームのような乳白色なら透明のジェルより界面活性剤が少ない。

 

4.オイルタイプ

  • 界面活性剤を多く含むため、肌への負担が大きい。
  • メイクが簡単に落ちるが、必要な皮脂も落としてしまう。
  • メイクが濃い日はいいが、それ以外はおすすめできない。

 

5.シートタイプ・拭き取りタイプ

  • 「オイルin」以外は油分が含まれていないため、界面活性剤の洗浄力だけで落とす。
  • シートで拭くので肌への負担が大きい。

 

クレンジングのやり方

クレンジングをして水で洗う女性

正しいクレンジング方法

クレンジングは肌にとても負担がかかります。正しいやり方でメイクを落としましょう。

  1. 適量のクレンジングを手に取る。
  2. Tゾーンからのせていく。
  3. Uゾーンにのせる。
  4. 目元や口元になじませる。
  5. ぬるま湯で手早く洗い流す。

 

クレンジングは比較的皮膚の強いTゾーンからのせていきます。クレンジングを伸ばすときは、やさしく伸ばしてください。

クレンジングは1分以内に洗い流しましょう。理想は40秒ぐらいです。

 

マスカラ・口紅の落とし方

マスカラや口紅などのポイントメイクは専用のリムーバーを使ったほうがいいです。化粧品と同じメーカーのリムーバーを使えば落ちないことはありません。なぜなら、自社の化粧品が落ちるかどうかでリムーバーを作っているからです。

 

クレンジングの注意点

頬に手をあてる女性

クレンジングでやってはいけないことがあります。それは、クレンジング料を少ししか使わなずに、ゴシゴシこすってメイクを落とすことです。

メイクが残っていたときに、油分が毛穴につまってニキビの原因になることはあるかもしれませんが、色素がシミになることはありません。強くこすったり長い時間クレンジング料が肌に触れていたほうが、肌の負担になります。

肌の負担になる=シミ・くすみの原因です。

  • クレンジング料を少量しか使わない。
  • ゴシゴシとこする。
  • 時間をかけすぎる。
  • 熱湯や冷水ですすぐ。
たのっち
たのっち
昔は時間をかけて、クレンジングでマッサージしながらメイクを落としていたけど、危険行為だったんだ・・・。

 

まとめ

普段、オイルクレンジングを使っている方は目からウロコだったのではないでしょうか。オイルクレンジングは本当に肌によくありません。肌トラブルの原因です。

クレンジングを使わないで済むのが一番ですが、お化粧をする方はクレンジングを使わないわけにはいきませんよね。できるだけ、肌の負担にならないクレンジングを使ってください。

  • オイルクレンジングは肌を一番傷めやすい。
  • クリームタイプのクレンジングが一番おすすめ。
  • クレンジング時間は1分以内。
  • クレンジングのときに強くこすらない。
  • マスカラと口紅は専用リムーバーで落とす。
たのっち
たのっち
まずは、オイルクレンジングをやめよう!

 

↓ランキングに参加しています。よかったら、ポチお願いします!

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村