日焼け

日焼け後の4つのケア | 日焼けしたらすぐに実践したいことはコレ!

日焼けケア
たのっち
たのっち
こんにちは。ノーファンデのたのっちです。今回のテーマは「日焼け後のお手入れ方法」です。

この記事は日焼け後のお手入れ方法を4つ紹介しています。

どんなに紫外線対策をしていても日焼けをしてしったことはありませんか?その時に、「ちょっとぐらい日焼けしても、いっか~」なんて思っていませんか?

日焼けした肌はすぐにお手入れしないと危険なことになりますよ!

「日焼けをしてしまった」「日焼け後のお手入れ方法を知りたい」という方は、ぜひこの記事を読んでみてください。

 

日焼け後にお手入れをしないとどうなるの?

日焼けは皮膚が炎症を起こしている状態です。正しい手当をしないと、炎症が悪化したり肌にシミができてしまったりします。

日焼けをしてしまった後に正しいお手入れをすることがとても大切です。

たのっち
たのっち
日焼けしないことが一番だけど、日焼けしてしまったら、きちんとお手入れをしよう!

 

日焼け後の4つのお手入れ方法

1.とにかく冷やす

氷

「日焼け=皮膚のやけど」です。日焼けをして赤くなった肌は、とにかく冷やすことが大切です。放っておくと、炎症が進んで水ぶくれができることもあります。もし水ぶくれができてしまったら、自分でお手入れをしないで、病院へ行きましょう。

冷やし方
  • ぬらしたタオルを肌に当てる。
  • ビニール袋に入れた氷や保冷剤をタオルに包んで当てる。
  • 冷たいシャワーを浴びる。

気をつけてほしいことが一つあります。それは、タオルで肌を強くこすることは皮がむけてしまう場合があるので、絶対にしてはいけません。

お風呂に入りたい場合は、湯船につからずにシャワーのみにしましょう。入浴すると炎症が悪化してしまう場合があります。シャワーも熱い温度は避けてください。

 

2.化粧水で保湿する

化粧水で保湿

肌の赤みがなくなってきたら、化粧水で保湿をしましょう。日焼けした肌はかなり乾燥しているので、いつも以上に化粧水で保湿するようにしてください。

化粧水は刺激の少ない物を選びましょう。日焼け後用のものがあれば一番いいです。

 

注意点ですが、化粧水は肌の赤みがなくなるまでは使うのを避けてください。炎症した肌は化粧水でもダメージを受けてしまいます。美白効果のある化粧水は赤みが治まってからのほうがいいでしょう。

化粧水で十分に保湿した後は、乳液やクリームで「ふた」をしてください。

日焼け後の肌はとても乾燥しているので、かゆみが出る場合があります。保湿をしてもかゆみが治まらない場合は、病院へ行ってかゆみ止めを処方してもらいましょう。

 

3.日焼けでむけた皮膚をむかない

焼けた肌

日焼けをすると皮膚の皮がボロボロとむけることがありますが、絶対にむかないでください。肌が炎症を起こして、傷ついてしまう可能性があります。

皮膚の皮がむけてしまったところは、さらに日焼けをしないように気を付けてください。シミの原因になります。外出するときは、日焼け止めを塗って日傘を使うなど、できるだけ紫外線を浴びないようにしましょう。

日常生活では”うっかり日焼け”も要注意です。うっかり日焼けについては「正しい日焼け止めの知識 | 日焼けで怖い『うっかり日焼け』6選」書いてますので、ご覧ください。

 

4.水分とビタミンを補給する

野菜と果物

日焼けしたときは、肌だけでなく体の水分も失われています。ミネラル水などを飲んで体の中から水分を補給しましょう。

それから、バランスのよい食事を心がけ、ビタミンも積極的にとるようにしてください。

栄養素 効能 食品
ビタミンA 抗酸化作用があり、シミやシワを防ぐ。 ニンジン、カボチャ、ホウレン草、卵
ビタミンC メラニンの生成を抑える。 ジャガイモ、さつま芋、白菜、果物
ビタミンE 肌の代謝を高める。 玄米、オリーブオイル、ごま油、大豆、ナッツ類
ビタミンB2 皮膚細胞の生成を促す。新陳代謝を高める。 牛肉、豚肉のレバー、牛乳、卵、納豆
たんぱく質 皮膚を作って維持する。 大豆、肉類、魚介類
ポリフェノール 抗酸化作用があり、活性酸素を除去する。 緑茶、赤ワイン、カカオ、大豆

 

日焼けする前にできる対策

日焼け後のお手入れをすることはもちろんですが、日焼けをしないように事前に対策をすることが大切です。日焼けをしないように日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたり、まずは日焼けをしないように紫外線対策をしましょう。

【参考】正しい日焼け止めの知識 | 日焼けで怖い『うっかり日焼け』6選

日焼けをする日が事前にわかっている場合は、次のことをしてみましょう。

 

海や山の2週間前からビタミンCをとる

レモン

美容の考えで一番大切なのは、「できてから対処する」のではなく、「できる前に防ぐ」ことです。

日焼けをすると、シミになりやすくなります。できてしまったシミを消すのは難しいので、事前にシミができるのを予防したほうがいいです。

海や山に行く前など、日焼けをする2週間前からビタミンCを積極的にとりましょう。ビタミンCは抗酸化作用がありメラニンの生成を抑えるので、紫外線に対する対抗力をつけてくれます。

 

まとめ

紫外線対策をしていても焼けてしまうことはあります。その時は、すぐに日焼け後のお手入れをしましょう。

「色白は七難を隠す」と言います。美人の条件で肌の色が白いことは必須ですし、肌が白いだけで美しく見えますよ。

日焼けする前も日焼けしてしまった後も、しっかりケアして美白を目指しましょう!

  • 日焼けをした場合は、とにかく冷やして、保湿をする。
  • 日焼けしたところの皮は絶対にむかない。
  • 水分をたくさんとる。
  • ビタミンが多い食品をとる。
  • レジャーに行く場合は、2週間前からビタミンCを積極的にとる。
たのっち
たのっち
日焼けは絶対に後に残さないこと!ノーファンデでも肌の色が黒かったらきれいじゃありません!

 

↓ランキングに参加しています。よかったら、ポチお願いします!

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

美容・ビューティーランキング