乾燥肌

乾燥肌の原因は?オイルクレンジング(台所洗剤)は最大の敵!!

乾燥肌
たのっち
たのっち
こんにちは。ノーファンデのたのっちです。今回のテーマは「乾燥肌」です。 

この記事は乾燥肌の原因とお手入れ方法について書いています。

乾燥肌って、肌がカサカサして肌がなめらかに見えないので本当に嫌ですよね。私は乾燥肌なので、その気持ちがよーくわかります。。。

まずは乾燥肌の原因を知って、適切なお手入れをしてあげることが大切です。タイトルにある通り、オイルクレンジングは乾燥肌の最大の敵といっても過言ではありません。知りたい方は、この記事を読んでみてください。

 

乾燥肌

頬に手をあてる女性

乾燥肌とは

「乾燥肌」とはどんな肌を言うのでしょうか。

乾燥肌とは、肌の水分量が減って、肌の表面がカサカサしたりつっぱったりする状態のことを言います。厳密に言うと、角質層に含まれる水分量は約30%ですが、これが30%以下になった状態のことです。

 

肌が乾燥する2つの原因

乾燥肌の原因

1.水分量が不足

肌の乾燥は角質層の水分不足が原因です。

もともと私たちの肌には水分を守る「保湿成分」があります。乾燥肌は、この保湿成分がなくなり、水分を保てなくなるので乾燥するのです。保湿成分でもっとも重要なのはセラミドです。

保湿成分であるセラミドは年齢とともに作り出される量が減っていくので、年齢が高くなると肌が乾燥し、うるおいがなくなっていきます。

 

2.皮脂の落としすぎ

クレンジング・洗顔のしすぎで、必要な皮脂を落としすぎている場合があります。間違ったお手入れが乾燥を招いているのです。

一つでも当てはまる人は要注意です。

  • 毎回オイルクレンジングを使っている
  • クレンジングや洗顔のときに、ゴシゴシこすっている
  • 熱いお湯で洗顔している
たのっち
たのっち
オイルクレンジングをしている人は多いんじゃないかな。

 

もう一つ大切なポイントがあります。

クレンジングは、成分に界面活性剤が入っていないものを使ってください。

この界面活性剤は本来なら混ざらない水と油を混ぜ合わせて、汚れを落とす働きがあります。

オイルクレンジングは油なので、本来は水で洗い流せないはずですよね?しかし、ぬるま湯でもキレイに落ちるのは界面活性剤が含まれているからです。

この界面活性剤は台所の洗剤に多く含まれています。

つまり、「界面活性剤で洗顔=台所洗剤で洗顔」と同じです。

たのっち
たのっち
毎日オイルクレンジングを使っている人は本当に肌に悪いことをしているよ!今日からやめよう! 

 

乾燥肌が及ぼす4つの悪影響

1.シワ

しわ

乾燥するのは角質層の水分量が少なくなるからです。

水分量が少なくなると、角質細胞がぐらついてはがれ落ちてしまうことがあります。これが、肌の表面が粉が吹いたように見える原因です。

角質がはがれ落ちると、肌を守るために新しい細胞が作られます。しかし新しい細胞が作られる(ターンオーバー)までには約28日の期間が必要です。

ターンオーバーが28日より早くなってしまうと、未熟な細胞であるため、保湿成分も十分ではありません。水分量が少ない肌は、乾燥して分厚くなり、シワができてしまいます。

【参考】ターンオーバーとは?ターンオーバーを正常にする大切な2つのこと

 

2.くすみ

肌がカサカサ乾燥すると、肌のうるおいがなくなり肌の透明感は失われます。

特に冬は空気が乾燥するため肌が乾燥しやすく、寒さで血流が悪くなるため、くすみが目立ちます。

 

3.敏感肌

敏感肌

乾燥によって角質がはがれると、角質によるバリア機能がなくなります。

紫外線や化粧品、マッサージなどのが外部刺激に弱くなり、肌が赤くなったりかゆくなったりします。

 

4.ニキビ

肌が乾燥すると、バリア機能を保とうとして皮脂を多く分泌させます。その皮脂が毛穴につまり炎症を起こしてニキビになります。

意外に思われるかもしれませんが、ニキビができたときは保湿をすることが大切です。

 

乾燥肌のお手入れ方法

乾燥肌のお手入れ方法

1.乳液やクリームなどで「ふた」をする

乾燥肌に何よりも大切なのは保湿です。水分を与えるのではなく、水分を保つことが保湿です。

水分を与えすぎるのは乾燥の原因になります。水分を含んだ角質細胞はふくらみますが、水分が蒸発するときに肌の水分も奪ってしまうためです。

ポイントは、油分でしっかり「ふた」をすることです。化粧水のあとに、乳液やクリームを必ず塗りましょう。

たのっち
たのっち
保湿=化粧水じゃないよ。乾燥を防ぐには乳液やクリームを塗ることが大切!

 

2.ビタミンA、B2、B6を積極的にとる

肌に必要な栄養素を食事からとりましょう。肌の乾燥を防ぐには、ビタミンA、B2、B6を含む食品をとりましょう。

栄養素 効能 食べ物
ビタミンA 肌のうるおいを守り乾燥を防ぐ。ターンオーバーのサイクルを正常に保つ。 ニンジン、カボチャ、ホウレン草、卵、レバー、うなぎ
ビタミンB2 皮膚、髪、つめの成長を促進。肌荒れを改善。 豚肉、レバー、サバ、いわし、牛乳、卵、納豆、アーモンド
ビタミンB6 健康な皮膚、髪、爪を作る。 カツオ、まぐろ、さけ、さんま、サバ、バナナ、さつま芋、レバー
たのっち
たのっち
ビタミンAは肌のくすみにもいいし、万能ビタミンだね。

 

まとめ

乾燥肌の原因で当てはまることはありませんでしたか。乾燥肌の原因は洗顔と保湿が間違っている人が多いです。クレンジングを変えてから肌が乾燥するようになった人も要注意ですよ!オイルクレンジングなら即効やめてください!

  • 乾燥肌の原因は皮脂の落としすぎ。
  • オイルクレンジングは台所洗剤で顔を洗っているのと同じ。
  • 肌が乾燥するときは、化粧水ではなく乳液やクリームなどの油分でふたをする。
  • ビタミンA、B2、B6を含む食品をとる。
たのっち
たのっち
肌がカサカサしていたんじゃ、すっぴん美人にはなれないよ!すっぴん美人のノーファンデを目指そう!

 

↓ランキングに参加しています。よかったら、ポチお願いします!

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

美容・ビューティーランキング